白石だけどダウリアハタリス

気持ちの剰余おんなじ事柄が起きても、その日その時その企業そうして若干でもらいほうが違うものですなぁと感じた最近の発言。
大好きなヨガの稽古中頃、すさまじく息吹の荒い祖先が私の目の前で強いボディを震わせながら、頑張ってポーズを取っていたんだけど。
最適頻度で、おんなじ日数を共有することになる、こういう祖先。
自分の息吹よりも、祖先の息吹を見まがうんじゃないかとおもうくらい強烈で汗もダラダラ。近所もちょっと爆笑気分に包まれちゃう。
最初はできるだけ道程をとってたんだけど、その時は起源日数間際に入ったから、微妙に空いてしまっているその祖先の横に。
そうしていつもの稽古中頃・・・明らかに例の声が2回ほど響き、中継人懐っこい香りが。祖先 やっちゃったか。
前のあたいだったら、どうにも気持ちのやりように困って、講習を飛び出していたかもしれない。
けれどもこの日は違う。あんなに頑張ってるだし、出ちゃうよね。オナラ。微笑ましいとまで思ってしまった自分に拍手!
自分自身がボディも地雷も充実していると、そういった負のオーラすら吹き飛ばして仕舞うんだなぁと。気持ちの剰余って命だよね。